業者の見極めのポイントなどの参考にしてください。

ホームページからのお問合せ

株式会社SmileHome(スマイルホーム)

コラム:こんな業者に気をつけろ 0800-100-1110

こんな業者に気をつけろ!! トップページ【コラム】こんな業者に気をつけろ!! > 売却の相談をしたときに、専属専任媒介や専任媒介をゴリ押しししてくる業者

売却の相談をしたときに、専属専任媒介や専任媒介をゴリ押しししてくる業者

不動産の売却を相談した際に、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介それぞれのメリット・デメリットはおろか、媒介にこれらの種類があることさえ説明も受けずに、不動産業者の言われるがままに専属専任や専任で媒介契約を結ばされていた、というお話を最近よく耳にします。
まあ自分の会社だけを物件の窓口にしてもらって売主様からの仲介手数料を確保したいという不動産業者さんの気持ちは分からなくもないのですが、基本的にこれはいけませんよね…。
売却依頼を受けた物件を、媒介契約後、他の不動産会社にもすぐに情報公開するような会社であれば専任や専属専任媒介で依頼しても良いとは思いますが、残念ながらそのような業者ばかりではございません。
中には、自分たちがダブル(※1)で仲介手数料を欲しいからといって、他の不動産会社からせっかく問い合わせがあっても、「商談中です。」とか適当なウソを言って、しばらくの間、他業者に取り扱いをさせなかったり、ひどい業者になると、臆面もなく「この物件は紹介不可です。」なんて言ってきます・・・。
私は、不動産にも『鮮度』があると思っていますので、「できるだけ早く、出来るだけ良い条件で売却する」ためには、売却依頼を受けた不動産会社は、情報をすぐにオープンにするべきだと思っております。
なぜかというと、売却依頼を受けた1社のみで買主様を見つけるより、北九州市内の全ての不動産業者で買主様を見つけた方が、より良い条件で売却できる可能性は高まるからです。
最終的にお客様が納得できる価格で売却できたのなら、結果オーライという事で良いのかもしれませんが、私が売主だったら、きっとそういう不動産屋にはお願いしないでしょうね・・・。
つまり、不動産を売却されるときに、窓口を1社だけにするのであれば、ちゃんと3つの媒介の違いやそれぞれのメリット・デメリットの説明をしてくれるような会社を選ばれるのがよろしいかと思います。
売主様が不動産業界の事を良く知らないのをいいことに、さも当然のように専任あるいは専属専任で媒介契約を締結しようとする会社は、ゴロゴロいますのでご注意を・・・。

※1不動産の売買における仲介で、不動産会社が1社だけで、売主と買主両方のお世話をして、それぞれから仲介手数料を頂く事。

一覧へ戻る